2006年03月21日

留学してよかったこと

これまで、留学のマイナス面ばかり目を向けてましたが、いいこともあります。
それは「気が済んだ」ということ。もし留学していなければ、今でもきっと「やっぱ留学しようかな〜」「今からじゃ遅いかな?」「どうしようかなー〜」と、悩んでいたことでしょう。

この迷いのために費やしただろう莫大な時間を考えると、たった1年の留学でその後この迷いから解放されたことは私にとって大きなメリット。

優柔不断な私のことだから、もしかしたら老後まで引きずっていたかもしれない。実際アメリカの大学には、いろんな年齢の方がいるので、何歳になっても「もう遅い」とは思えずに、迷い続けることができてしまう。
posted by Jeju at 16:33| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

留学は投資でなく消費?

私は日本の大学卒業してすぐアメリカの大学に1年間留学しました。
留学費用は、1年で約150万円。旅費、学費、家賃、生活費含みます。でも本当にかかっているのは、これだではありません。
もし留学せず、新卒で就職していたら、300万円位の年収があったはず。アメリカの大学は9月始まりなので、留学期間は1年でも前後の数ヶ月間をあわせると就職できない期間が2年になります。
留学しなかった場合と比べると、最初の2年間で750万円もマイナスです。

留学後に、この750万円を取り返せるほど、高給の企業に就職できたかというと、残念ながらNOです。

「留学してもっといい会社に転職した」という記事は、雑誌や本で数多く紹介されてます。でも年収100万上がったとしても750万取り戻すには、7.5年もかかります。50万しか上がらなければ15年。上がらなかった場合は、留学は投資として失敗です。
「外国人と話したい」とか「外国生活してみたい」だけならば、留学は旅行やショッピングと同じ消費です。
留学を投資と考えているならば、リターンがあるような留学を選ぶべきです。
日本と同じ学歴を繰り返すような留学(例えば、日本で大卒の人が、海外でまた大学に入るなど)は、リターンを出すのが難しいです。日本で高卒の人が、海外の大学に留学した場合は、もっと早くリターンが見込めるかもしれません。
posted by Jeju at 15:29| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

留学して後悔してること 

私は大学卒業後すぐ、アメリカの大学に1年間留学しました。今思うと、あの留学はすべきではありませんでした。

その理由のひとつに「タイミングが悪かった」ということ。

私が留学したのは1991年のバブル景気最後の年。最高の売り手市場で、同級生は次から次へと来る内定通知に嬉しい悲鳴を上げていました。

そんな美味しい時代に、私は就職活動をせず、留学の道を選んでしまったのです。

翌年バブル景気が崩壊し、日本が一気に不景気モードに。企業も一斉に採用を手控えました。留学前はあんなに分厚かった求人雑誌もぺらぺら。わずかな求人情報の質も落ちました。正社員でなく契約社員だったり、給料もすごく低かったり。

留学のタイミングは自分の都合だけで決められます。でも景気動向は自分ではどうにもできません。自分が景気に合わせて、最適な選択をするしかないのです。

あの頃の私は、完全に自分の都合だけで留学タイミングを決めてしまいました。ちょうど大学卒業して切りがいいから、留学したのです。経済専門家の間では「このバブル景気は近いうちにはじけるだろう」と言われてました。でもそんな声より、自分の都合を優先してしまったのです。これは大きなミスでした。今でも後悔してます。ふらふら
posted by Jeju at 14:36| Comment(5) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

誰かにものを頼むとき

ある日フランス支社から急に今日中に見積書を作成してくれとメールが来ました。それに対し、いくらなんでも今日中は無理というメールをしたところ、以下の返事が返ってきました。

Sorry but I cannot wait until tomorrow because.....
「ごめんなさい。明日まで待てません。なぜなら....」

「なぜなら」の後には、待てない理由がつらつら述べられています。
自分の事情しか考えていない。これでは、多少無理してでもやってやるかという気持ちにはなれませんでした。

ではどう言われれば、「やってやるか」という気持ちになれたのか。やっぱり、感謝の気持ちを表してほしかった。「やってくれたらすごい嬉しい」とか、「忙しい中本当に悪いんだけど」とか、労いの気持ちがほしい。
感謝の気持ちは、惜しみなく出した方がいいです。
嫌いな相手には難しいんだけれど。

posted by Jeju at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日来たメールから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

出世するには

昇進/昇給が発表される時期になると、社内のあちこちで「どうしてあの人が・・・」「評価方法がおかしい」といった不満が聞かれるようになり、実際に退職する人も出ます。
実際、能力の高い人が、いつまでも低い地位にいたり、その反対もあります。
出世する人しない人にはどんな違いがあるんだろうと考えていたら、出世の早い人たちにはある共通点があることに気づきました。
それは上司に好かれているということ。単純なことだけど、気づいてない人意外に多いのでは?
自分の昇進を決めるのは、通常上司です。上司がそのまた上司(うちの会社の場合は日本支社長)に推薦し、承認されて、初めて昇進が決まります。
承認されるには、実績など、それなりの説得材料が必要です。
実績は自分一人でつくるには限界があります。でも上司の協力があると、とても簡単になります。例えば、上司に金額の大きなプロジェクト担当に任命してもらえれば、すぐ実績金額が上がります。上司も昇進させたい部下のためには協力してくれます。

結局、出世するためには、単純だけど、以下の2点がすごく重要。
1.自分の昇進を決めるのは誰かを見極めること。(一人だけではない場合もあり)
2.その人たちに好かれるようにすること。

ではすでに上司と仲が悪い場合や「こんな人に好かれる努力したくない!」という場合はどうしたらいいか。
私の場合、異動願いで部署を変えてもらいました。今の上司とは関係良好で、昇進もしました。今の上司はとてもいい人なので、好かれる努力しても全然苦になりません。

ただし、異動願いを出すとき、決して上司の悪口は言っては駄目です。異動希望先の部署を示し、どうしてその部署に行きたいのかを言えば、ポジティブな異動願いなので受け入れられやすいし、異動先の上司も気分がいいはずです。後ろ向きな異動願いはビジネスマンとしてプロフェッショナルでないイメージがついてしまうのでNG。ふらふら
posted by Jeju at 13:58| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。