2006年01月08日

国籍でキャラ決めるのは危険!

よく国籍で人の性格決め付ける人がいます。「アメリカ人は明るい」とか「日本人は細かい」とか。でも私の経験からすると、全くあたらない。
人のキャラは国籍より、やっぱり個人差。
以前フランスの会社と取引していたとき、ここの社員が皆とげとげしていて理屈っぽく、何かとすぐクレームをつけてきた。これはフランス人の気質なのかと思いきや、別の取引先に変えたら、とても親切で物わかりがよく仕事がとてもスムーズになりました。
人の性格は十人十色。国のイメージでなく、一人の人間として見て判断する方が正解。かわいい
posted by Jeju at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっかぁ・・・よく国籍で判断してしまう私。
Posted by ぽい at 2006年01月09日 02:04
確かにある程度はあるよね。その国の人100人以上と仕事したら、ある程度共通点が見えてくるかも。でも数人(しかも全部同じ会社や業界の人)しか知らないうちから、決め付けるのははずれてる可能性高い。その国の特徴じゃなくて、その会社や業界の特徴だったりするから。
Posted by Yoko at 2006年01月09日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。