2006年03月01日

出世するには

昇進/昇給が発表される時期になると、社内のあちこちで「どうしてあの人が・・・」「評価方法がおかしい」といった不満が聞かれるようになり、実際に退職する人も出ます。
実際、能力の高い人が、いつまでも低い地位にいたり、その反対もあります。
出世する人しない人にはどんな違いがあるんだろうと考えていたら、出世の早い人たちにはある共通点があることに気づきました。
それは上司に好かれているということ。単純なことだけど、気づいてない人意外に多いのでは?
自分の昇進を決めるのは、通常上司です。上司がそのまた上司(うちの会社の場合は日本支社長)に推薦し、承認されて、初めて昇進が決まります。
承認されるには、実績など、それなりの説得材料が必要です。
実績は自分一人でつくるには限界があります。でも上司の協力があると、とても簡単になります。例えば、上司に金額の大きなプロジェクト担当に任命してもらえれば、すぐ実績金額が上がります。上司も昇進させたい部下のためには協力してくれます。

結局、出世するためには、単純だけど、以下の2点がすごく重要。
1.自分の昇進を決めるのは誰かを見極めること。(一人だけではない場合もあり)
2.その人たちに好かれるようにすること。

ではすでに上司と仲が悪い場合や「こんな人に好かれる努力したくない!」という場合はどうしたらいいか。
私の場合、異動願いで部署を変えてもらいました。今の上司とは関係良好で、昇進もしました。今の上司はとてもいい人なので、好かれる努力しても全然苦になりません。

ただし、異動願いを出すとき、決して上司の悪口は言っては駄目です。異動希望先の部署を示し、どうしてその部署に行きたいのかを言えば、ポジティブな異動願いなので受け入れられやすいし、異動先の上司も気分がいいはずです。後ろ向きな異動願いはビジネスマンとしてプロフェッショナルでないイメージがついてしまうのでNG。ふらふら
posted by Jeju at 13:58| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどぉ!!
為になるなぁ。

だから私は万年平なのね!?
Posted by poi at 2006年03月01日 19:02
為になってもらえて嬉しい。
がんばろうね。
Posted by Yoko at 2006年03月01日 23:22
mixiから来ました。
やっぱり「上司に気に入られるか」のそこなんですね。我が社もそうです。ちょっと考えさせられました。
Posted by みいゆ at 2006年03月03日 00:28
>みいゆさん
コメントありがとう。
やはり人間は感情で動いてしまうよね。
Posted by Yoko at 2006年03月05日 19:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13974844

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。