2008年01月05日

人材紹介会社に登録するメリットとデメリット

特に今すぐに仕事を探していなくても、人材紹介会社に登録しておくと、いろいろなメリットがあります。

メリット1: 現在の就職市場が把握できる。
登録すると、随時いろいろな紹介案件がメールで送られてきます。それを見ていると、現在の就職市場が売り手市場なのか、買い手市場なのか、どんな資質が求められているのか、1年のうち最も案件が多いのはいつ頃なのか、どんな部署の案件が多いかを見ることで、最新の人事トレンドも見て取れます。

メリット2: 今よりよい勤務先に転職できるチャンスが与えられる。こちらから特に探さなくても、いい条件での転職に巡りあうことがあります。私も今の会社に入社したきっかけは、人材紹介会社から送られてきた1通のメールです。特に転職を真剣に考えていたわけではありませんでしたが気軽に面接を受け、採用されました。結果的に、前職より、会社の規模、給与、家からの距離、勤務時間が改善されました。

メリット3: 自分のキャリアの見直しができる。
人材紹介会社に登録する際には、レジュメを作成が求められます。レジュメを作成することで、自分のスキルやキャリアの棚卸しするきっかとなり、今後自分にどんな経験が必要かが見えてきます。

ただし、人材紹介会社の登録にはデメリットもあります。でもこれらのデメリットは全て避けられます。以下は主な注意点です。

デメリット1:コンサルタントの意見に惑わされる。
人材紹介会社のコンサルタントの言うことは常に正しいとは限りません。特に、ネガティブなことばかり言うコンサルタントには要注意です。「こういう職種は募集が少ないんですよ」とか「年齢がもう少し若かったらね」「経験的に厳しいですね」という言葉に惑わされて、自分の希望でない案件にむやみに甘んじると入社後きっと後悔します。

デメリット2:案件の比較評価が難しい。
案件はいつ来るかわかりません。一度に数社来れば比較検討できますが、大抵はパラパラと異なるタイミングでやってきます。これ以上いい案件はないかもしれないし、あるかもしれない。比較検討して選べないので、絶対評価で選ぶしかありません。そのためには、自分の中に、これだけは譲れないという条件を常に持っていることがとても重要です。この絶対条件を決めずに案件を見てしまうと、一見魅力的な案件につい乗ってしまったり、本来の希望とは違う選択をして後悔することになります。案件を見る前に、絶対条件を決めておきましょう。
posted by Jeju at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材紹介会社の比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。